記事の評価は量より質が高いページの方が評価されやすい

SEOを行う際はユーザーという生身の人間に合わせた対策を取るという事が大切になります。しかし、Google等の検索エンジンは年々精度が高まっており、クローラー自体もサイトの質を判定出来るようになって来ています。そのきっかけになったのが、ペンギンアップデートとパンダアップデートという二つのアップデートです。

ペンギンアップデートでは、大量生産されたサイトからのリンクがサイトの評価を下げるように変更されました。これは、いわゆるスパム行為を検索エンジンがより正確に検出出来るようになった事を意味します。また、パンダアップデートではオリジナリティーのないサイトや中身の薄いサイトの評価が下がるように設定されました。外部に似たようなサイトが多く存在する場合や、サイト内に重複コンテンツがある場合には検索上位には表示されなくなった訳です。つまり、一つ一つ丁寧に作りこまれたページこそが検索エンジンから高評価を受けるようになったと言えます。

このように、検索エンジンのクローラーに見合う品質基準は年々高くなって来ています。ですが、Googleの姿勢として一貫しているのはユーザーファーストという点です。サイト運営者がいくら良いと思っていても、ユーザーが求める品質基準を満たしていなければ検索順位を上げる事は出来ません。しかし、逆に考えれば十分に作りこまれたページであれば、ユーザーがそのサイトを再訪する確率も高くなると言えます。
そのためにも、タイトルや記事内容を工夫して検索画面でのユーザーのクリック率を上げるという事が大切です。実際にサイトを訪れて記事内容が充実していれば、ユーザーがすぐに画面を閉じてしまう確率、すなわち直帰率も減らす事が出来ます。ユーザーがサイト内にいる時間が増えるほど、自サイトの商品やサービスを購入してもらえる可能性も高くなるのです。

ユーザーはやはり大量生産されたサイトにはないような付加価値のあるものを求めていますから、何よりも記事の執筆や選定にじっくりと時間をかけるという事が大切でしょう。定期的にユーザーが訪れてくれるようになれば、サイトは徐々に高評価を受けるようになって行きます。
リピーターを増やす利点は、自サイトをリンクで紹介してくれるSNSやウェブサイトも増えて行くという点にもあります。タイトルや見出しを工夫するだけでは効果は一時的ですが、コンテンツを充実させる事によって継続的な評価を得られるようになる訳です。
ユーザーのクリック率や直帰率といったデータは、Googleのサーチコンソールによって調べられます。自分の運営しているサイトで正しくSEOが行われているかどうかも、これらのデータを分析する事によってチェックする事が可能です。記事内容を充実させる事、そしてツールを活用する事によって、ぜひあなたのSEOを成功させましょう。