モバイルフレンドリーとは?

近年になりSEOにおいて最も重視されているのが、サイトをモバイルフレンドリーにするという事です。モバイルフレンドリーとは、簡単に説明するとスマートフォンやタブレット等のモバイル端末で見やすいように、サイトのデザインやレイアウトを工夫する事です。

Googleでは明確に、モバイル端末向けにアルゴリズムが最適化されているサイトを上位表示すると宣言しているため、現在のSEOではウェブサイトをモバイルフレンドリーにする事は必須だと言って良いでしょう。
モバイルフレンドリーには複数のやり方があります。その一つはモバイル端末向けのページを別に作るという事なのですが、同じURLにアクセスしても端末ごとに表示方法を変えるという事も可能です。こうしたウェブサイトの作り方はレスポンシブデザインと呼ばれています。

レスポンシブデザインを用いれば、ページ単位で端末ごとに違った表示のさせ方をする事が出来る訳です。この場合、PC向けサイトとモバイル向けサイトで別々にSEOを行う必要がなくなるため、サイト運営をより効率化する事が出来ます。
レスポンシブデザインを適用するには、主にCSSに複数の端末向けの設定を記述するという方法が取られます。このやり方をすれば、端末ごとのテキストサイズや画像サイズ、レイアウト方法等をページ単位で一度に設定する事が可能になります。

しかし、CSSを表示するアルゴリズムは端末や使用しているブラウザの種類によって微妙に異なっているため、自分のPCやスマホで適切に表示されていても、他の端末でも同様であるとは限りません。ですから、モバイルフレンドリーにする場合には複数の端末でサイトが思ったように表示されているかどうかを十分に確認する必要があります。

ウェブサイトがモバイルフレンドリーになっているかどうかを確かめる手軽な方法としては、Googleのモバイルフレンドリーテストのページを利用する方法もあります。このページでは、URLを入力するだけでサイトがモバイル端末向けに最適化されているかどうかを数値としてチェックする事が可能です。モバイルフレンドリーなページを作成した際には、まずGoogleのモバイルフレンドリーテストでチェックをかけてみるようにしましょう。

また、テキストサイズやレイアウトの変更だけでなく、モバイル端末でサイトを見やすくするためには、容量を抑えてページ表示速度を上げる工夫も必要です。なぜなら、ページ表示速度の遅いサイトはどうしてもユーザーの離脱率が高くなる傾向があるためです。やはり、ツールを使用するだけでなく、自分の目で見て確認するという事が大切でしょう。