ホワイトハットSEOとブラックハットSEOの違いとは?

SEOにおいてやってはいけない手法はラックハットSEOと呼ばれていますが、これと対になる言葉がホワイトハットSEOです。ブラックハットが悪質な手法を指しているのに対して、コンテンツ重視の適切なやり方をしている場合にはホワイトハットと呼ばれます。

では、ブラックハットSEOとホワイトハットSEOにはどのような違いがあるのでしょうか。実は、この二つを見分けるには明確なルールが存在します。と言うのは、Googleの品質に関するガイドラインというページに検索エンジン推奨ではないいくつかの項目が記載されているからです。こちらに書かれている内容に当てはまる場合には、そのやり方はブラックハットSEOであるという事になります。
また、ホワイトハットSEOのやり方はGoogleスタートアップガイドというページに書かれています。こちらのページに書かれているアドバイスに従えば、SEO面でも有利にサイトを運営する事が出来る訳です。インターネットでサイト運営を開始する際には、最初にこの二つのページをよく読んでみると良いでしょう。

コンテンツ重視のサイトかどうかは、ユーザーが見れば一目で分かりますが、検索エンジンにとってはそうではありません。これらのページには検索エンジンの仕組みや基本的な用語の説明も書かれているので、とても参考になります。ブラックハットとホワイトハットの違いをよく理解した上で自サイトのSEOに役立てましょう。
まず、ペナルティの対象となるような悪質な手法としては、Googleの品質に関するガイドラインに記載があります。例としては、隠しテキストや隠しリンク、不正なリダイレクトを行っているサイトなどです。それらはユーザーや検索エンジンの目を欺いていると見なされてペナルティの対象となります。

悪質なコピーコンテンツやリンクプログラムへの参加もペナルティの対象です。SEO専門の業者に依頼した場合、自社サイトを使ってサイトの被リンク数を増やしてもらう事も可能なのですが、場合によっては不自然なリンクが張られているとしてペナルティを受けてしまうリスクもあるので気を付けるべきです。

一方、検索エンジン推奨のやり方としては、サイト内のリンクを整理する等してクローラーに巡回させやすくする方法、適切なキーワードを使用する方法等がGoogleスタートアップガイドで紹介されています。業者に依頼した場合、キーワードの選定もどうしても一律になってしまいがちですから、必要な部分以外はウェブマスター自身が手がけるようにするのがベターです。

サイト内検索
人気記事一覧