ページタイトルを変えるだけでもSEOの影響は大きい

SEOにおいてページタイトルの重要性はよく耳にする話なのではないでしょうか。しかし、実はページタイトルをどのようにしても、検索エンジンの検索結果には良い影響も悪影響もあまりありません。では、なぜSEOではページタイトルをそれほど重視しているのでしょうか。答えは簡単で、タイトルに書かれている言葉の如何によってはユーザーのクリック率を高める事が出来るからです。

SEOと言うと、どうしても自サイトを検索順位の上位に押し上げる事だけを考えがちです。しかし、実際にサイトを訪れてサービスや商品を購入してくれるのは、検索エンジンのロボットではなくユーザー自身になります。つまり、生身の人間に訴える事が出来なければ、そのサイトがビジネス面での効果を発揮する事は出来ない訳です。
Googleを始めとした検索エンジンは、サイトを評価する際にドメインごとに情報を収集しています。ですから、ウェブサイトのタイトルを変えても検索エンジンの順位自体にはほとんど変化はない訳です。タイトル変更をした場合、検索エンジンの順位そのものは以前のままで、検索画面の表示内容だけが変化する事になります。

ですが、検索上位に表示されているのにどうしてもクリック率が上がらない、サイトの訪問者数が増えないという場合には、やはりページタイトルの文言が影響している事が考えられます。ネットユーザーは有益な情報を期待して検索をかける訳ですから、このページには期待した内容が書かれていそうにないと判断されれば、なかなかそのサイトを訪れてはくれません。キーワード選定の部分でもお話したように、ユーザーの関心を掻き立てるような適切な単語やフレーズが使用されている必要がある訳です。
ユーザー動向に合わせてタイトル変更を行った場合、短期間で劇的に訪問者数が増えるという事もあり得ます。タイトル変更は何度行っても検索順位への悪影響は少ないので、訪問者数が思ったように増えない場合にはタイトルや紹介文の内容を繰り返しリライトしてみると良いでしょう。リライトした後は、Googleのサーチコンソールを使えば訪問者数がどのように変化したのかを調べられます。

このように、ウェブサイトを運営する際には、ユーザーの動向を調査しながら、それに合わせて更新を繰り返して行くという事が大切です。ユーザーのニーズに合致しなければ、いつまでも成果は上がらない事になります。短期間でSEOの全ての手法を覚えるという事は難しいですが、タイトル変更のような簡単な事柄から試して行く事で、だんだんに自サイトに最適なSEOを発見出来るようになります。